私はMacのユーザーで、大容量のファイルを保存するのにそれを使っています。私は動画特殊効果の専門家で、会社での大容量のビデオファイルを担当しています。

私はmacOS Sierraでのパージ可能領域というものを聞いていますが、それは何ですか?このパージ可能領域について教えてください。

Man2

Man1

あなたは正しい場所にいます。Macのパージ可能領域とは何か、そしてMacでパージ可能なスペースを削除する方法について説明します。

ヒント:このソフトウェアは、Macのクリーンアップに助かります。

無料ダウンロード

パート1 Macのパージ可能領域とは何ですか?

アップルはとても独創的です。その会社はデバイスを開発するとき、一生懸命それをするより、賢くすることを目標としています。ハードドライブのスペースを大きくするかわりに、 クラウドストレージを利用して限られたマッキントッシュのスペースの問題を扱うことです。これが続きにストレージの一部になり、「パージ可能」と呼ばれる部分に変わります。

それでは、ストレージのこの一部について、もっと詳しく話しましょう。パージ可能なストレージは実際、削除に適しているファイルをも指しています。

それが「パージ可能」と呼ぶ理由です。それをドライブから削除しても何の問題も引き起こさないからです。パージ可能領域は実は、macOS Sierraのストレージ機能最適化に関係しています。それが有効であると、大量のファイルがクラウドに転送されます。その中で、一部のファイルはオプションファイルと呼ばれます。

ヒント: 「起動ディスクがいっぱい」という問題への対処法

Macのパージ可能スペース

パート2 どのようなファイルがパージ可能ですか?

どのファイルがパージ可能なのかについて、確実に言える人は誰もいません。ある人は以下の2つの基準を満たすファイルやSGファイルはパージ可能と呼ぶと言っています。

  1. 非常に長い間使っていない、または開いていない古いファイル。
  2. すでにiCloudに同期されているファイル。それで元のファイルはデバイスから削除してもかまいません。

パージ可能なファイルはそれぞれ種類が異なり、どんなタイプでもありえます。iTunesで観た映画であったり 、これまで使ったことのない言語ファイルである可能性もあります。その言語ファイルがシステムに表示されていない場合は、それが必要ではないか、もしくは認識しないからです。

しかし何でそういうファイルがパージ可能なのでしょうか?それはどういう意味ですか?システムはそういうファイルを探して、Optimized Storageが有効であれば、ディスクスペースがいっぱいになるときに、それらのファイルを自動的に削除してスペースを解放します。

パート3 Mac上でパージ可能領域を強制削除する方法は?

これはとても簡単です。必要なのはiMyMac-Cleanerの Macクリーナーというツールだけです。このツールでは、クリックするだけでデバイス上のすべての不要ファイルを検出して Mパージ可能なスペースを削除する ことができます。もっと便利なクリーナーは こちら をご確認ください。 

無料ダウンロード

Mac CleanerでMacのパージ可能なスペースを削除する手順は次のとおりです。

ステップ1:iMyMacクリーナーをダウンロードして開く。
ステップ2:ジャンクをスキャンする。
ステップ3:アイテムを確認し、削除するものを選択する。
ステップ4:クリーンアップ完了。

ステップ1:iMyMacクリーナーをダウンロードして開く

まずはiMyMac-Cleanerをダウンロードして開きます。メイン画面でシステムステータスが表示されます。左側にある「System Junk」というモジュールをクリックします。

マッククリーナーメイン

ステップ2:ジャンクをスキャンする

スキャン」をクリックして待ちます。スキャンが、終了するまでお待ちください。スキャン完了後は、すべてのジャンクファイルを表示されます。

ジャンクファイルは、「アプリケーションキャッシュ」、「フォトジャンク」、「メールジャンク」、「システムログ」、「システムキャッシュ」、「ユーザーログ」、「ゴミ箱」など、さまざまなカテゴリに分類されます。

注意: 「再スキャン」のボタンをクリックすれば、スキャンをもう一度実行することができます。

ジャンクファイルスキャン

ステップ3:アイテムを確認し、削除するものを選択します

カテゴリをクリックしてください。そして画面の右側にあるファイルから、削除したいファイルを選択します。次に「クリーン」 をクリックします。すると確認ダイアログが表示されます。確認してクリックしてください。

ジャンクファイル

ステップ4:クリーンアップ完了

今、ファイルは消去されます。その後、フォルダは「Zero KB」とマークされます。その他のフォルダは、自動再作成フォルダであるため、「Zero KB」として表示されません。

ステップ1から4までを繰り返します。しかし今度は、「System Junk」ではなく、「Mail Trash」か「Large & Old Files」で進めてください。

がらくたファイルクリーンコンプリート

パート4 パージ可能なストレージを削除する方法は?

正直、こうする必要はありませんが、 本当にそうしたいときは、以下の方法でもできます。

デバイスのスペースが不足しているときは、それが割り当てられたパージ可能スペースを自動的にクリアするので、心配する必要はありません。

それで、Macの空き容量が増えます。手間をかけずにそういったファイルをデバイスに削除させる方法は、Other Storage有効にすることです。そのやり方は、次のとおりです。

  1. 「About This Mac」のメニューへ進む。
  2. 次に、「Storage」タブへ進む。
  3. 「Manage」をクリックする。

そこで、特定のオプションをiCloudに同期して有効にすることができます。

パート5 おまけ:Sierraでパージ可能なストレージをプレビューするには?

SierraまたはHigh Sierraを使っていれば、きっとパージ可能なストレージがあるはずです。

Sierraのさまざまな場所でパージ可能領域の大きさをチェックすることができます。

  1. 一つの方法は、ネイティブの「Storage」タブをチェックすることです。このタブにアクセスするには、「Apple Menu」から「About This Mac」を選択し、そして「Storage」へ進みます。
  2. 「Finder」の「Status Bar」でもチェックできます。「View」の次に「Show Status Bar」をクリックしてください。
  3. または、トップメニューで「Go」をクリッ久します。「Computer」を選択し、ハードドライブを右クリックして、それから、「Info」で確認します。
  4. 他に、「View」から、「オプション」パネルに進んで、ハードディスクのデスクトップ表示を有効にする方法もあります。
  5. 最後に、Siriにデバイスの空き容量を尋ねることもできます。

結論として

Mac上のパージ可能領域は、あなたのデバイスをより効率的に働かせるためのものです。Macのディスクスペースを大きくするより、それに最適化機能を与えます。パージ可能なファイルは、削除されてもデバイスに問題を引き起こしませんので、「Optimized Storage」を有効にすると、デバイスから自動的に削除されます。

しかし、Macの動作が遅いから、不要なファイルをさらに削除したい場合は、iMyMacのMacクリーナーのようなツールを使うのをお勧めします。それは不要ファイルを検索して、完全に削除するためのツールです。

無料ダウンロード