PowerMyMac

Macの様々なトラブルを解決するためのオールインワンソリューションとして、 PowerMyMacは、お使いのMacを最適化してクリーンアップするのに必要な、完備した機能を多く含んでいます。

PowerMyMacの概要

一般的なMac用のアプリケーションと違って、 PowerMyMacの最大の特徴として、ある問題に対して特定の機能を加えて、特定の問題を解決するためのアプリケーションではありません。PowerMyMacはMacユーザーに向ける、強力で多機能なソフトウェアであり、一つのアプリケーションでMacに必要なすべての機能を提供しています。

PowerMyMacの主な機能としては、Status(ステータス)、Cleaner(クリーナー)、Toolkit(ツールキット)という三つのモジュールがあります。

ステータス

MacでPowerMyMacを起動すると、インターフェースに最初に「ステータス」が表示されます。 その名前のとおり、ステータスは、Macが動作するときのステータスをチェックするときに使います。 このモジュールは、「CPU」、「メモリ」、「ディスク」の3つの部分に分けています。 このページに開くたびに、データが自動的に更新され、実行ステータスを示します。 それぞれの円でその相応の利用率を反映しているので、CPU、メモリ、ディスクパーツを占拠しているのはどの部分か、直感的にわかります。

status

クリーナー

続いて、上部の「クリーナー」アイコンをクリックします。

クリーナーの王国へようこそ!

ここでは、ジャンクファイル、不要ファイルやフォルダを選択してクリーンアップすることができます。PowerMyMacの二つ目の特徴として、お使いのMacにクリーンアップの機能を提供するだけでなく、削除したいファイルやフォルダの類別によって選択肢を増やしています。こうして、他のファイルと間違って削除してしまう心配などはありません。それに、他のアプリケーションと比べて、このクリーナーは、削除したいアイテムをチェックする前にすべてのファイルやフォルダをスキャンするのにかかる時間を省きました。PowerMyMacを使えば時間を大幅に節約できます。なぜというと、PowerMyMacはファイルやフォルダを分類して、クリーンアップする時、一つのフィールドを選択して、スキャンを開始します。そこで、スキャンが完了するまで待つ時間を省くことができます。

石斑魚

「システムジャンク」、「iPhotoジャンク」、「Eメールジャンク」、「類似画像」、「iTunesジャンク」、「ゴミ箱」、「古くて大きいファイル」、「重複ファインダー」の8つのオプションがあります。

いずれかを選択して、今からMacでのクリーンアップの旅に出ましょう!

ツールキット

「ツールキット」はPowerMyMacの三つ目の特徴です。まだこのモジュールにも、便利なツールが色々あります。

ツールキットは、「アンインストーラ」、「メンテナンス」、「プライバシー」、「NTFS」、「ファイルマネージャー」、「暗号化」、「アンアーカイバ」、「無線LAN」、8つのオプションがありますが、8つのツールはそれぞれのフィールドで同じ問題に対応するわけではありません。ツールキットはツールボックスで、Macを簡単に管理することができます。たとえば、アンインストーラツールを使えば、簡単なクリックするだけですぐ、ソフトウェアを削除できます。 また、NTFSツールで、HDDからファイルを編集、コピー、または削除することもできます。他に、ツールキットには、メンテナンスのようなMacに付いていない機能、またアンインストーラのような基本的な機能も含まれています。どの機能にしても、あなたにすばらしい体験を提供することを目指しています。

ツールキット

PowerMyMacの概要は以上となります。これらの機能に興味が持っている方、ぜひiMyMacの公式サイトをご覧ください。それぞれの機能について、詳細なユーザーガイドが記載されています。

PowerMyMac - クリーナーの概要

PowerMyMac - クリーナーは普通のクリーナーソフトではなく、ファイルややフォルダーを 8 つのオプション――「システムジャンク」、「iPhotoジャンク」、「Eメールジャンク」、「類似写真」、「iTunesジャンク」、「ゴミ箱」、「古くて大きいファイル」、「重複ファインダー」に分けて、どんなファイル、フォルダでも削除できます。これで、他のファイルと間違って削除してしまう心配などはなく、クリーンアップする前のスキャンの時間を大幅に節約することができます。

PowerMyMac - クリーナーについて詳細な紹介があります。PowerMyMacをダウンロード、インストールしてから、紹介を読んで、不要ファイルやフォルダの消去方法を学びましょう。

石斑魚

システムジャンク

「システムジャンク」は、システムキャッシュ、アプリケーションキャッシュ、システムログ、ユーザーログ、ローカライゼーションなどのシステムジャンクをクリーンアップして、パフォーマンスを最適化し、ストレージスペースを解放するツールです。

ステップ1。 Macのステータスを確認する

PowerMyMacを起動してホームでシステムステータス をチェックします。

status

ステップ2。 「システムジャンク」をクリックする

「クリーナー」をクリックすると、 「システムジャンク」が見られます。

石斑魚

ステップ3。 スキャン

「システム」をクリックすると、システムキャッシュ、アプリケーションキャッシュ、およびその他のシステムジャンクに対してスキャンを開始します。Mac上に保存します。左の円から進捗が見られます。

システム迷惑スキャン

ステップ4。 検索結果

「View」をクリックして検索結果を見てください。 必要があれば、前のページに戻ってもう再スキャンすることができます。

システムの迷惑スキャンが完了しました

ステップ5。 ファイルをチェックする

削除したい項目をチェックしてください。

システムジャンクアプリケーションキャッシュ

ステップ6。 クリーンアップ

「Clean」をクリックすると、選択されたファイルがすべて削除されます。

:必要であれば、パスワードを入力する場合もあります。

システム迷惑メールログの削除

ステップ7。 確認

「Clean」の次に、「Comfirm」をクリックして、プロセスが終わるまで待ってください。

システム迷惑メールシステムのログ削除

iPhotoジャンク

iPhoto Junkは、いらない写真のキャッシュを削除して、フォトライブラリーのサイズを小さくするツールです。

ステップ1。 「iPhoto Junk」をクリックする

「Cleaner」の中にある「iPhoto Junk」をクリックします。

石斑魚

ステップ2。 スキャン

まずは、iPhoto Junkのホームページにある「スキャン」をクリックして、画像ファイルをスキャンします。

アイホンジャンク

:初めてiPhoto Junkを使って画像ファイルをスキャンする前に、PowerMyMacをMacのデータにアクセスできるようにしてください。

iphotoジャンクセット iphotoジャンクセット仕上げ

ステップ3。 検索結果

スキャン終了後、「View」をクリックして検索結果を確認してください。

iphotoジャンクスキャン完了

ステップ4。 写真ファイルをチェックする

写真をプレビューして、削除したい写真をチェックしてください。

iphotoジャンクウォッチ

ステップ5。 クリーンアップ

「Clean」 をクリックして、選択した写真をクリーンアップします。

ステップ6。 確認

Confirm」 をクリックして、プロセスを待ちます。

iphotoジャンク削除

クリーンアップが終わったら、削除したアイテムは画面に表示されません。

iphotoジャンク削除仕上げ

Eメールジャンク

Email Junkは、ディスクスペースに保存されている電子メールのダウンロードと添付ファイルのローカルコピーを削除するためのツールです。

ステップ1。 「Email Junk」を選択する

Macのステータスチェックした後、 「Cleaner」の中にある「Email Junk」をクリックします。

石斑魚

ステップ2。 スキャン

スキャン」をクリックすると、電子メールの全面スキャンが行われます。

メールジャンク

ステップ3。 検索結果

青の円になると、スキャンが完了します。 その結果は「View」で確認できます。

電子メールの迷惑メールスキャン

ステップ4。 カテゴリを選択する

2つのカテゴリが左の列に表示されます: メールキャッシュメールの添付ファイル。

そのうちの1つを選択すると、ファイルリストが右側表示されます。

ステップ5。 ファイルをクリーンアップ

 削除したい項目をチェックした後、画面の右にあるボタンをクリックします。

電子メール迷惑メールの削除

ステップ6。 確認

選択したファイルを確認した後、「Confirm」 をクリックしてください。

類似画像

類似画像は、お使いのMacで類似画像を見つけて削除する役割を果たすフォトマネージャーです。「重複ファインダー」のような機能を持っていますが、重複した文書、メディア、またその他の種類のファイルを検索する「重複ファインダー」とは異なって、「類似画像」は類似している画像ファイルを検出するための専門ツールです。

ステップ1。 「類似画像」を選択する

「Cleaner」 モジュールで上部にある類似画像をクリックしてください。

同様の

ステップ2。 スキャン

スキャン」クリックしてください。類似画像の検索が始まります。

同様のスキャン

ステップ3。 検索結果

スキャンの後、 検出された類似画像を左側で見ることができます。右側では、写真をクリックしてプレビューすることができます。

同様のスキャンが完了しました

ステップ4。 類似画像をチェックする

類似画像をチェックして削除します。

類似の時計

類似画像の中で、どの画像ファイルを削除するかは選ぶことができます。

類似の時計画像

ステップ5。 クリーンアップ

「Clean」をクリックしてクリーンアップします。

同様の削除

ステップ6。 確認

選択した項目は削除するかを確認した上、「Confirm」をクリックしてください。 クリーンアップにかかる時間は、ファイルのサイズによって異なります。

iTunesジャンク

iTunes Junkは、iOSデバイスのデータからバックアップ、インストールパッケージをクリーンアップし、iTunesから破損したダウンロードを削除します。

ステップ1。 PowerMyMacを開く

PowerMyMacをダウンロードしてMacで起動すると、ホームページに3つのメインモジュールが表示されます。

status

ステップ2。 「クリーナー」を選択する

クリーナーはシステム、写真、電子メール、アプリ、その他のファイルやフォルダのクリーンアップする機能を提供しています。

石斑魚

ステップ3。 「iTunesジャンク」を選択する

iTunesのジャンクファイルを削除してMacをより速く走らせる方法を学びましょう。

アイツネジャンク

ステップ4。 スキャン

「iTunes ジャンク」を選択した次に、 「スキャン」  をクリックし、お使いのMacでのすべてのiTunesバックアップ、キャッシュ、アップデート、およびダウンロードのスキャンを開始します。

itunesジャンクスキャン完了

ステップ5。 ファイルをチェックする

スキャン完了したら、「View」でファイルをプレビューしてください。画面の左側にはファイルのカテゴリがあり、ファイルの詳細情報は右側にあります。 そして削除したい項目をチェックします。

iTunesのバックアップをきれいにする

ステップ6。 「Clean」をクリック

「Clean」をクリックしてクリーンアップを行います。

ステップ7。 確認

ポップアップウィンドウが出ます。削除したいファイルを確認の上、「Confirm」をクリックしてください。間違っ場合、キャンセル をクリックして前の画面も戻ることができます。

itunesジャンク削除

iTunesのジャンクファイルを削除しています。 クリーンアップが完了するまで、お待ちください。

ごみ箱

ごみ箱全体を空にして、スペースを解放することができます。

ステップ1。 「ごみ箱」を選択する

「クリーナー」の中にある「 ごみ箱」のアイコンをクリックしてください。

石斑魚

ステップ2。 スキャン

スキャン」を押してください。可能の限り、PowerMyMacはゴミ箱のすべてのファイルを認識して検出します。

ごみ箱

ステップ3。 検索結果

左の円の中に、「Comeplete」という言葉が表示されたら、スキャンが完了です。「View」をクリックして、検出されたファイルを確認します。

ゴミ箱スキャン完了

ヒント :必要があれば、前のページに戻ってもう再スキャンすることができます。

ステップ4。 ファイルをチェックする

カテゴリは左側、その従属ファイルのリストは右側にあります。 クリーンアップするカテゴリとファイルを選択してください。

ごみ箱時計

ステップ5。 クリーンアップ

プロセスが完了するまで、お待ちください。クリーンアップにかかる時間は、ファイルのサイズによって異なります。

古くて大きいファイル

Large&Old Filesは、ディスクの一定の容量を占めているファイルや期限切れのファイルを検出し、それらのファイルを整理するのを通して、空き容量を増やすツールです。

ステップ1 「古くて大きいファイル」を選択する

PowerMyMacを開いて、「クリーナー」のモジュールにある「古くて大きいファイル」を選択してください。

石斑魚

ステップ2 スキャン

スキャン」をクリックして、大きいファイルや古いファイルが検出されます。

largeandoldファイル

ステップ3 検索結果

検索結果は、「View」をクリックして確認できます。

largeandoldファイルスキャンが完了しました

大きいファイルや古いファイルが検出されなかった場合、再スキャンをクリックして、二度目のスキャンを行うことができます。

ステップ4 ファイルをチェックする

ファイルはサイズよって5 MBから100 MBまで100 MB 以上、時間によって 30日以上1年以上に分類されています。該当するカテゴリを選択して右側の列にあるファイルをチェックしてください。

ステップ5 ファイルを削除する

Clean」をクリックして、選択したファイルを削除します。

largeandoldファイル5m 100m delete

ステップ6。 確認

間違いなくチェックしたファイルを削除するのなら、「Confirm」をクリックしてください。

重複ファインダー

Duplicate Finderを使って重複ファイルを探出して削除することができます。 もちろん、これでスペースを解放してMacをスピードアップします。

ステップ1。「 ごみ箱」のアイコンをクリックする

石斑魚

ステップ2。スキャン

重複ファインダーのホームページにある「スキャン」をクリックして、重複ファイルを検索します。

重複スキャン

ステップ3。 検索結果

スキャンが完了したら、「View」をクリックして検出したファイルが表示されます。 左側にあるカテゴリをクリックし、右側の列のファイルを確認してください。

重複スキャンメイクリスト

ステップ4。 クリーンアップ

削除したい重複ファイルをチェックして「Clean」をクリックしてください。

時計を複製する

ステップ5。 確認

「Confirm」クリックして、プロセスが終わるまでお待ちください。

重複削除

*「重複ファインダー」は「類似画像」の機能に似ていますが、重複画像やメディア、ドキュメント、およびその他のファイルを同時に認識することができます。

PowerMyMacの使い方 - ツールキット

「ツールキット」は、Macを管理できる便利なツールボックスです。 簡単なクリックだけで、ツールキットモジュールの機能を使ってMacを管理することができます。

このモジュールには、「アンインストーラ」、「メンテナンス」、「プライバシー」、「NTFS」、「ファイルマネージャー」、「暗号化」、「アンアーカイバ」、「無線LAN」の8つのツールがあります。

今からPowerMyMacをダウンロードして開いて、次の機能の紹介を読みながら、PowerMyMac - ToolKitを使い始めましょう。

PowerMyMacに使う画像は、ダークモードになっています。

ツールキット

アンインストーラ:残存ファイルがないようにアプリケーションを削除

アンインストーラを使えば、アプリケーションを完全に削除できる便利なツールです。

ステップ01 - 「アンインストーラ」を選択する

まずはPowerMyMacを起動します。 メインインターフェイスには、システムステータスが表示されますが、「アンインストーラ」が見られます。

アンインストーラ

ステップ02 - スキャン

アンインストーラに入って、「スキャン」をクリックしたら、後で「Found Files」で、それぞれのアプリケーションが占拠しているストレージを見ることができます。左の円はスキャンの進捗を示します。必要があれば、「再スキャン」をクリックして、もう一度スキャンすることもできます。

アンインストーラスキャン

ステップ03 - 結果表示

次に、「View」をクリックして結果表示のページに移動します。インストールされているアプリはすべて左の列に表示されます。

ステップ04 - アプリを見つける

スクロールしてアプリのリストから削除したいアプリを探すか、上部の検索バーにアプリの名前を入力します。画面の右側でアプリをクリックすると、アプリケーションの下にファイルやフォルダが展開されます。

アンインストーラウォッチ

ステップ05 - ファイルをチェックする

対象のアプリケーションの下にあるファイルまたはフォルダから、削除したい項目をチェックします。すべてのファイルとフォルダを削除する場合は、「Sort By」を使って効率的にファイルを見つけることができます。

ステップ06 - クリーンアップ

最後にチェックした項目を確認して、「Clean」をクリックしてください。

アンインストーラの削除

ステップ07 - 完了

「Confirm」クリックしてプロセスが終わるまでお待ちください。

メンテナンス:Macの最適化とスピードアップ

「メンテナンス」とは、めったに使わない設定を最適化して、Macのパフォーマンスを向上させるツールです。

間違えてスキャン」をクリックしてしまって、時間を無駄にするを避けるため、「メンテナンス」に入ると、「スキャン」ボタンの代わりに、一番大きく表示されるのは「View」のボタンで、その右側にある小さな「スキャン」をクリックしない限り、「View」を何度押しても何も表示されません。

このツールでは、「Clean」ボタンでMacの一部の機能を削除することができますが、「QuickLook(クイックルーク)」と「Spotlight(スポットライト)」を削除してしまうと、Macがダウンする恐れがありますので、ご注意ください。

メンテナンス

QuickLook - プレビュー機能をON / OFFするクイックスイッチ

一般的なファインダーでは、ファイルを選択すると、ファイルのプレビューが画面の右側に表示されます。また、新しいフォルダを作成し、プレビューしたくないファイルをそこに入れることを通して、プレビューを無効にすることができますが、新しいフォルダの名前は、後に「Note Display」になります。

しかし、ここのQuickLookでは、プレビュー機能を無効にするために上記の手順に従う必要はありません。項目をプレビューするかどうかは、各項目のスイッチをON / OFFにすることだけです。

メンテナンスクイックビュー

Spotlight

Spotlightは追加プラグインで、より多用途で強力なツールになります。プラグインが不要になったり古くなったりすると、簡単に無効にすることができます。

メンテナンススポットライト

Proxy(プロキシ)

ごく一部のアプリケーションは、サービスを拡張するために追加のヘルパーが必要です。Proxyの表示リストで、選択してヘルパーを簡単かつ安全に無効にすることができます。

メンテナンスプロキシ

Login(ログイン)

スタートアップ項目が多すぎると、システムの処理速度を低下させる可能性があります。 そしてLoginのリストで、必要ではないスタートアップ項目を無効にすれば、起動時間を短縮し、Macのパフォーマンスを向上させることができます。ここでも、各項目のスイッチをON / OFFにするだけです。

メンテナンスログインの削除

Services(サービス)

サービスは、macOSに利用可能なコンテキストワークフローです。アプリケーションまたはFinderからのテキストまたはファイルを受けます。

メンテナンスサービス

Preferences(お気に入り)

この機能で各項目のスイッチをON / OFFすることを通して、Macのシステム環境設定でアプリケーションを表示/非表示にすることができます。

保守設定の削除

Battery(バッテリー)

バッテリーはバッテリーの医者さんで、バッテリステータス、残り時間、サイクル数、設計サイクル数、温度、設計容量、現在の最大容量、現在の容量など、バッテリーの状態をリアルタイムで測定します。

メンテナンス用バッテリ

No Sleep(ノースリープ)

No Sleepは、スリープモードに切り替わるのを防ぐ機能です。

  1. あるアプリが実行しているとき、作業中断にならないように、自動スリープしません。
  2. 遊ぶ時に邪魔にならないように、設定時間まではスリープしません。
  3. 電源アダプタを使用しているときにはスリープしません。

時間の設定は画面の下部にあります。

メンテナンススリープ

Flash DNS(フラッシュDNS)

Flash DNSは、下記の3つのいずれかに遭った場合、ネットワークの問題を解決します。

  1. 一部のWebサイトに接続できない場合。
  2. ネットワークはランダムに減速する場合。
  3. 他の関連問題が発生した場合。
メンテナンスDNS

プライバシー:ブラウザからの個人情報漏洩を避ける

プライバシーは、すべてのブラウザのCookie、ダウンロード、検索履歴や訪問履歴をクリーンアップします。

ステップ01 - 「プライバシー」を選択する

PowerMyMacをダウンロードして起動します。ホームページには、ステータス、クリーナー、ツールキットの3つのモジュールが表示されます。「 プライバシー」は「ツールキット」のモジュールに含まれています。

ツールキット」のアイコンをクリックし、プライバシーを選択してください。

ステップ02 - スキャン

スキャンをクリックして、ブラウザ全体のスキャンが終わるまで待ちます。終了すると、左の円で「Complete」という言葉が表示されます。

プライバシースキャン

ステップ03 - ブラウザを選択する

「View」をクリックして移動したページで、Macにダウンロードしたブラウザが左の列に表示されます。そこでクリーンアップするブラウザを選択します。

プライバシースキャン完了

ステップ04。 ファイルをチェックする

ブラウザを選択した後、訪問履歴、ダウンロード、Cookieまたその他のファイルが右側に表示されます。いくつかのファイルをチェックするか、上にある「Select All」のオプションで全部チェックします

プライバシークロム

ファイルの右側にマウスを移動すると、灰色の「Show」をクリックして詳細情報が見られます。

プライバシークロームウォッチ

ステップ05。 クリーンアップ

Clean」ボタンをクリックしてクリーンアップを行います。

ステップ06。 確認

ポップアップウィンドウが表示されます。確認 の上、「Confirm」をクリックしてください。あるいは、キャンセルボタンをクリックして前のページに戻ります。

プライバシークロム削除

ブラウザのファイルは削除されています。プロセスが終わるまでお待ちください。

NTFS:Macでのファイルの読み書きを実現する

Microsoft NTFSは、HDD、SSD、またはWindowsでフォーマットされたフラッシュドライブからファイルを読み書きするツールです。

ステップ01 - NTFSを選択

NTFSは、「ツールキット」に入っています。「ツールキット」を選択して 「NTFS」のアイコンをクリックします。

USB

ステップ02 - 読み込み

NTFSの画面に入り、「Write」を押して、HDD、SSD、またはWindows環境でフォーマットされたフラッシュドライブからファイルのコピー、編集、削除、またはインストラクションを始めましょう。

「Fail」のポップアップウィンドウが表示されることがありますが、主な原因はNTFSツールを使用するのに必要なOsxfuseがインストールされたいないので、ガイド ボタンをクリックして、インストールの詳細を見てください。

USB書き込みなし

ステップ03 - ファイルをドラッグする

左側にUSB情報が表示され、右側の列にUSBのファイルとフォルダが表示されます。一つのファイルをドラッグして、上にあるブランクに移動させてください。

USB選択ファイル

ステップ04 - 書き込み

「Write」をクリックして、ドラッグしたファイルがUSBに書き込まれます。 選択したファイルがリストから消えたり、完了のメッセージが表示されたりするのは、書き込みが完了するサインです。また、挿入時のと違って、USBのアイコンが変わります。これも書き込み済みのサインです。

USB書き込み仕上げ

ステップ05 - アンマウント

すべてが完了したら、「Unmount」をクリックしてUSBをMacから取り外します。

usb umount仕上げ

ファイルマネージャー:永遠にファイルを削除する

ファイルマネージャーでは、ファイルの詳細情報を見たり、Macからファイルを完全に削除したりすることができます。

ステップ01 - 「File Manager」を選択する

ファイルマネージャーは、「ツールキット」のモジュールにあります。したがって、 ツールキット を選択して「ファイルマネージャー」をクリックしてください。

ファイルマネージャ

ステップ02 - View Files

ファイルマネージャーには2つの主要機能があります:「Crush File(クラッシュファイル)」。まずView Filesを選択します。

ファイルマネージャウォッチファイル

ステップ03 - ファイルをドラッグして表示する

情報を詳細に知りたいファイルを画面に直接ドラッグします。そうしたら、ファイルの名前は左の列に表示され、ファイルのパス、サイズ、作成時刻、最終変更時刻などの情報は右の列に表示されます。

ファイルマネージャ監視選択ファイル

次のファイルを直接ドラッグして詳細情報を見ることができますので、元のページに戻る必要はありません。

ステップ04 - Crush Files

矢印をクリックし、FileManagerのホームページへ戻ります。 今回は、Crush Fileを選択してファイルを「Crush」します。

ファイルマネージャー細断処理

ステップ05 - ファイルをドラッグする

View Filesと同じで、ここでも、ファイルをドラッグします。

ファイルマネージャ細断削除アラート

ファイルは永久に削除されますので、選択したファイルを確認してから、「Crush」をクリックしてください。

ステップ06 - 細断する

細断したいファイルを選択してドラッグした後。「Confirm」 の次に「クラッシ」 をクリックします。

ファイルマネージャー成功成功アラート

シュレッド・サクセスが出たら、プロセスが終わります。

暗号化:ファイルを非表示にする、また暗号化する

Macでファイルを非表示にしたり、ファイルにパスワードを追加したりしたいですが、そのやり方がわからない時があります。

大丈夫。PowerMyMacを使って、ファイルを隠す方法を学びましょう。

ステップ01 - ツールキットを選択

PowerMyMacを起動します。 メインインターフェイスには、デバイスのシステムステータスが表示されますが、画面の上にある「ツールキット」をクリックしてください。

status

ステップ02 - 「暗号化」を選択

ツールキットの中から「暗号化」を見つけて選択します。

隠す

初めて使うときは、パスワードを設定してください。

最初にパスコードを入力しない

ステップ03 - 非表示

ファイルを画面にドラッグして、「Hide」をクリックします。

隠す追加隠す

:ファイルの下にスイッチボタンがあります。 ボタンをオフにすると、このステップでドラッグしたファイルがもう一度Macに表示されます。

成功を隠す

ステップ04 - 暗号化

前のページに戻って、今設定したパスワードを入力し、 「Encrypt」をクリックします。

パスワードコードを隠す

ファイルをドラッグして「Encrypt」をクリックします。

パスワードコードを隠す

そうすると、ファイルは前のパスで読み取ることができません。 ただし、「暗号化」のページで直接見ることができます。

暗号化の成功を隠すshowhide

一度非表示にして、その後表示にしたファイルは、Hideのリストに表示されことがあります。その場合、暗号化することはできません。 このファイルを暗号化する必要があれば、ファイルをリストから削除しなければなりません。

  1. Hide listでファイルをチェックします。
  2. 右側のスイッチをオンにします。 成功を隠すshowhide
  3. 画面の右下にある「リセット」をクリックします。

アンアーカイバ:ファイルを圧縮または解凍

アンアーカイバは、Macでrarや.7zのようなファイルを圧縮または解凍するときに使います。

ステップ01 - アンアーカイバを選択する

ステータスでMacの動作状況を確認した後、 「ツールキット」にある「アンアーカイバ」をクリックします。

ツールキット

ステップ02 - ファイルを選択する

左のフレームにファイルをドラッグするか、圧縮パスのファイルを参照してファイルを選択します。

圧縮解除選択ファイルのアーカイブ解除

ステップ03 - 圧縮

「Compressioning」をクリックしてファイルを圧縮します。

圧縮解除仕上げを解凍する

ステップ04 - 解凍

また、ファイルを解凍する場合、ファイルを左のフレームにドラッグするか、圧縮パスのファイルを参照してファイルを選択した後、「Decompress」をクリックすれば、解凍できます。

解凍ファイルを解凍する

圧縮または解凍が完了すれば提示されます。

そもそも、MacにPowerMyMacをインストールした限り、上記の手順に従ってrarを圧縮する必要はありません。rarまたは7zファイルを保存するとき、そのファイルは、PowerMyMacと同じ青い「P」のアイコンで表示されます。 ダブルクリックすると これらのファイルは自動的にzipファイルに変換されます。素晴らしいではありませんか? そう! Macでrarや7zファイルを開いて内容を見られるようになりました!

無線LAN:WiFiの状態を分析する

「無線LAN」では、WiFiのパスワードやユーザー名などのWiFi情報の確認、また、通信速度の測定や関連情報の確認をすることができます。

ステップ01 - ツールキットで「無線LAN」を選択

MacでPowerMyMacを起動して、メインインターフェイスでステータスを確認します。次に、「ツールキット」の「無線LAN」を選択します。

status

ステップ02 - 分析

Analysis」をクリックしてWiFi情報を取得します。

無線LAN

ステップ03 - 測定

WiFi情報のページの左側に2つのカテゴリがあります。右側にその詳細な情報が表示されます。 「Network Speed」 を選択して、 右下にあるTestをクリックして、WiFiの速度を測定します。

Wi-Fiネットワーク速度テスト終了

ステップ04 - 接続履歴を調べる

「Sweeping WiFi」では WiFiの接続履歴を調べられます。「Show」をクリックして続行します。

wifiネットワークスイープウォッチ

ステップ05 - パスワードを表示する

今まで接続したWiFiのリストが表示されます。WiFiパスワードを調べる場合は、スイッチをオンにし、お使いのMacのパスワードを入力して確認します。

wifiネットワークスイープパスコードを入力

スイッチをオンにすると、別のWiFiにも接続できます。

wifiネットワークスイープウォッチのパスコード